Blog
『UGC(ユーザー生成コンテンツ)』を最大限に活用する方法

『UGC(ユーザー生成コンテンツ)』を最大限に活用する方法

消費者の90%は、ユーザーが作成したコンテンツ(=UGC)が購入の決定に影響を与えていると言われています。 すごい数値ですね! UGCの活用は新しいことではありません。 しかし、コメントをする消費者は、ブランドディングの指標である同時にミレニアル世代の86%が占めているため、マーケティング担当者は混乱しがちです。 一部のブランドでは、UGCの活用方法が不明確です。 しかし、もうその答えを探す必要はありません。このブログで全部説明していきますよ!

【無料】ペルソナテンプレートを今すぐダウンロード!

ユーザーが作成したコンテンツを活用することで最大限の利益を得るには、オーディエンスを理解する必要があります。 その為には、あなたが理想とするオーディエンス層のペルソナを作成する必要があります。 ペルソナテンプレートを今すぐダウンロードして、今日から始めてみましょう。

目次

UGCとは?

Usger-generated content、もしくはConsumer-generated contentとも呼ばれています。

UGCの定義とは

UGCは、一般に、消費者によって作成および共有される無料のコンテンツです。 彼らはブランドの会社員、アフィリエイト、公式インフルエンサーではありません。 彼らはあなたと私とおなじ消費者の1人になります。

例えば、私がレストランについての絶賛レビューを投稿した場合、それはUGCの一つになります。 もしくは、レストランに関する批判的なレビューを投稿した場合、それもUGCの一つして認識されます。

UGCは、紹介文、ブログ投稿、ツイート、レビュー、画像、動画、ポッドキャストなどの形式で見つけることができます。

Quick Search word cloud for #ShareACoke UGC campaign

Talkwalkerのクイック検索では、マーケティングの歴史の中で 最も成功したUGCキャンペーンを特定します。

UGCのメリットを実感しているブランドは、積極的にUGCをSNSやウェブサイトでシェアしています。 なぜでしょうか? それは、無料の口コミ広告は非常に信頼度が高く、彼らのブランディングを更に向上させてくれます。素晴らしいですよね!

ミレニアル世代の78%は、ブランドが制作したコンテンツよりもUGCを高く評価していると言われています。UGCは、他のどの形態のマーケティングコンテンツよりも、多くのエンゲージメントを促します。 UGCが信頼される大きな理由は、それが本物の口コミ、リアルなレビューだからです。我々としては、本物の消費者から愛されている商品を購入したいですよね。

そしてそのことを”ソーシャル・プルーフ(SNS上で証明されたもの)”と言われています。

ミレニアル世代へのマーケティング方法が知りたい方は、こちらをご覧下さい。ここでは、目の肥えた新世代の特徴を掲載しています。Y世代を釘付けにした、大手ブランドが実施したマーケティング手法と新世代にアプローチする方法をアドバイスしています。

ソーシャル・プルーフとは

ソーシャル・プルーフとは、適切に行動していると考えられる人を見て、適切に行動するための正しい方法を求めている人のことです。

もっと分かりやすく説明していきますね!

消費者の81%は、購入する前にオンライン上で情報収集されると言われています。 信頼できるユーザーの声に耳を傾け、アドバイスを見つけようとします。

例えば、窓の外を見て、傘を使っている人を見ると、おそらくあなたが帰る時に、あなたも傘をもって出ることになるでしょう。 アドバイスも同じように機能します。あなたの友人が雨が降ると言っているので、あなたは自分も傘をもって出かける可能性が大きいでしょう。

下記が例として挙げられます:

  • 専門家・有名人からの公式コメント:これらは、事前に手配され、企業側から報酬が払われている場合が多い

  • ユーザー・プルーフ:レビュー、評価、お客様の声

  • 消費者:一般大衆

  • 友人:最も信頼される人たち

Expert social proof - UGC

専門家によるソーシャル・プルーフの例 。世界有数の研究および顧問会社からの公式アドバイス

Amazon customer review - UGC

ユーザーからのソーシャル・プルーフの例。Amazon上にあるレビューは、強力なソーシャル・プルーフの一つとなります

UGCはなぜ重要なのか?

消費者の90%は、マーケティングのチャネルの中でも、UGCが購入の決定に最も影響を及ぼしていると言われています。 その内、81%は、ユーザーが作成した肯定的なコンテンツを受け取った製品に対して、購入したいと言っています。

UGCのメリットは何になるのでしょうか? マーケティング戦略の鍵となるはずです。 その理由を説明していきます。

本物の声

すでに、消費者たちには、マーケティングからくるメッセージはもう刺さらなくなってきています。 デパートには様々なブランドがあふれていて、すべての商品がベストの商品とは言えなくなってきています。消費者は広告宣伝を信頼できなくなってきているのです。

一方で、UGCは、最も本物の声に近い存在です。それゆえ、消費者たちから本物のレビュー・口コミとして信頼されるのです。

UGCは、エンゲージメントとコンバージョンを増やすことが実証されています。 消費者は、ブランドで作成されたコンテンツと比較した際、UGCの方が信頼できる可能性が2.4倍程高くなると言われています。

費用対効果

SNS上で一時流行った、#IceBucketChallengeを覚えていますか?

おそらく、これまでで最も効果的なUGCキャンペーンの1つであり、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知を促進しています。 2014年には1,700万人を超える人々がオンラインで動画を投稿し、口コミが広まりました。 結果としてALS Associationを運営する団体は、1億1500万ドル以上を調達することができたのです。

NBA選手であるレブロン・ジェームズ氏は、#IceBucketChallengeをするためにオバマ大統領を呼びました。


それでは、このキャンペーンにいくらかかったのでしょうか?

答えは、”0円”です!

コンバージョン率

UGCを活用した製品ページのコンバージョン率(CVR)は通常よりも64%増加と言われています。

理由は説明しなくてもわかりますよね。

コンテンツの作成

UGCは、コンテンツを作成する際に、アイディアを得ることできるコンテンツの宝庫です。 コメント、画像、動画、キーワード、ハッシュタグなどが例に挙げられます。それはオーディエンスが話していることなので、関連するコンテンツと会話に参加すると、より多くのエンゲージメントがもたらされます。

購買行動

UGCは、消費者の購買決定に影響します。 彼らは、ブランドから発信される情報を信頼せずに、口コミサイトやSNS上で本当の声を探しています。もしくは、周りにいる同僚や友人たちにこの商品を購入・使用したことがあるか、確認します。マーケティング戦略には、これらの口コミやレビューを取り込むことで、より多くの購入を増やすことができるでしょう。

エンゲージメント

UGCは、新しい消費者との会話を促進してくれます。 これを利用してSNS上の広告を強化することで、より多くの消費者の関心を引き付けることができます。 UGCを活用した広告は、オンラインでブランドの認知度を高めることでSEOも向上させます。

SNS分析ツールを使用して常にモニタリングすることが重要となります。 Talkwalkerのクイック検索では、テキスト、画像、動画全体でブランドのメンションが特定できます。 是非試してみて下さい!

Quick Search - engagement and sentiment around Ice Bucket Challenge

5年が経過しても、Ice Bucket Challengeはまだ順調に伸びています


The spike in June?
韓国の歌手、パク・ボもアイスバケツチャレンジをしました。

SEO

UGCはSEOにインパクトを与える可能性があります。 魅力的で検索可能なコンテンツを提供し、オーディエンスが話題にしているトップのトレンドを常に最新の状態に保ってくれます。ここで、UGCがSEO戦略の一部である5つの大きな理由を説明していきます。

1 検索順位を改善してくれる

Googleは、ユニークで本物のコンテンツが大好きです。 それゆえ、SERP上では、新鮮かつ関連性の高いコンテンツを優先して掲載します。 そのコンテンツを活用することで、消費者と検索エンジンの両者にアプローチすることができます。

日々の業務に追われる中、ユニークなコンテンツの作成に中々時間をかけられないことも多いですよね。 UGCは、コンテンツ戦略の大きなインスピレーションの源です。 UGCを介してアイデアを探してみてください。 それは、そなわち消費者があなたの製品・サービスについて尋ねていることにつながっていくでしょう。

2 ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは、検索の競合が少ない検索フレーズです。 ロングテールを使用すると、非常に簡単にランキングすることができます。

それらは、ユーザーが検索で使用しているキーワードフレーズになります。 あなたが考えていないかもしれないフレーズが見つかるでしょう。

例えば、ターゲットとするキーワードを「旅行ガイド」とした場合、競争は非常に激しいです。 そこで、深堀していき、ユーザーは「ルクセンブルクの旅行ガイド」を検索していることを見つけたとします。 これは、競争が少なく、潜在的なオーディエンスが検索するであろうキーワードとなります。

ユーザーからのロングテールキーワードを見つけて、ウェブサイトに含めていきましょう。 彼らが探しているものをあなたのサイト上に掲載しておくことで、検索エンジンのランキングを更に上げることができます。

3 自動検索

検索エンジンにクモがいることをご存じでしょうか?

彼らの仕事の一つは、あなたのウェブサイトで口コミとレビューを探すことです。 検出されると、検索エンジンがウェブサイトを引き継いでランク付けします。

検索エンジンは、サイトのコンテンツが適切かどうかもチェックします。 関連するかどうかです。 あなたが話していることを知っているのか? 信頼できるのか? 役に立っているのか? サイトに含めたUGCは、ブランドを正当化し、大きなSEOポイントをもたらします。

4 ウェブサイトの最適化

コンテンツとタイトルにキーワードを含め、ウェブサイトを最適化するには、メタキーワード、他のサイトからのバックリンクの取得、サイト内のクロスリンクを使用します。

UGCのレビューと口コミが製品について語られていた場合、 ブランドに対する信頼を高めるだけでなく、リンクやキーワードフレーズが既に含まれていることになります。 これらはあなたのSEOを強化してくれます

5 ソーシャル・シグナル

SNSも外せないメディアになります。 ソーシャル・メディアを追加すると、検索の可視性が向上します。 Instagram、Facebook、YouTube、Twitter、LinkedInなどで、SNSの最適化(SMO)にUGCと画像を使用していきます。

そうすることで、信頼が高まり、フォロワーが、共有、いいね、コメントします。 エンゲージメントの増加は、新しい消費者からあなたのウェブサイトへのトラフィックの増加につながります。

消費者に教育をする

オンライン上にある会話を日々モニタリングし、 ブランドについて言及されている質問・問題を見つけていきましょう。 シェアされているUGCの中で質問・問題がある場合、積極的に回答していきましょう。なぜなら、それはシェアされている人全てが感じている問題である可能性が高いからです。 オンラインの消費者の声を利用し、ブランドに対するフォロワーの信頼を高めていきましょう。

UGCキャンペーンを実施するための5つの方法

本物かどうかを確認せずに、ブランドが宣伝した商品に対して最後にお金を使ったのはいつか思い出せますでしょうか?

消費者の一人として自分の行動を思い返した場合、まずは商品を買う前に口コミサイトをチェックし、SNS上で情報を収集し、友人や家族にこの商品について確認していることが多いことだと思います。

それでは、マーケターとして、どのようにしてこの事実を戦略に変えていくべきなのでしょうか?

答えはシンプルです。消費者を本物のブランドインフルエンサーに変えることです。

1 目標を定義する

まずは、キャンペーンの目的を設定していきましょう:

  • ブランドエンゲージメントの向上:UGCはインフルエンサーが共有するコンテンツであり、常にチャットを刺激してくれます-コメント、いいね!、ブランドの言及など

  • ブランドの認知度を高める:信頼を高め、認知度を高めることで、消費者はUGCを信頼できるコンテンツとして見ています

  • コンバージョン率(CVR)を高める:購入を検討している消費者は、UGCによって説得できますーレビュー、紹介ブログ、商品を開封する動画など

  • 製品発売のフィードバックを収集する:ポジティブ/ネガティブなコメントがないか会話をモニタリングしましょうーポジティブなコメントは宣伝し、ポジティブなコメントは常に改善していきましょう

UGCを活用したキャンペーンの期間を設定し、パフォーマンスを追跡していきましょう。 そして、目標に到達しているかどうかを確認するこも忘れずに。

例えば、600件を獲得件数のターゲットとして、2か月間のキャンペーンを予定したとします。 2、3週間経っても100件に達していない場合は、キャンペーンを評価して調整していくことができます。

まずは、必要なコンテンツの種類を決定しましょう:

  • コンテンツを共有する場所は?例えば、ウェブサイト、広告、SNSなど
  • UGCを活用したキャンペーンの方向性は?例えば、エキサイティング、インスパイアされたコンテンツ、教育的など

SMART goals - specific, measurable, achievable, relevant, timely

SMAT指標を使って、常にチェック!

2 オーディエンスの要望を特定する

ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを作成していきましょう。 調整されたコンテンツで様々なセグメントを叩いていくこと。 収集したUGCは、新しいセグメントまたはオーディエンスをターゲットにするために活用できます。

UGCキャンペーンを機能させるには、コンテンツクリエーターとそれによって影響を受ける消費者の両者を理解する必要があります。 オーディエンスを深堀するには、ペルソナを使用していきましょう。 コンテンツとマーケティングキャンペーンの微調整に役立ちます。

T時間を節約するために、無料でダウンロードできるペルソナテンプレートを是非活用してみて下さい!

今すぐ無料でペルソナテンプレートをダウンロード

ペルソナを活用することで、UGCのクリエイターたちと協力し、彼らが喜んで共有する理由と提供するコンテンツの種類を理解できます。 そしてあなたがターゲットにしている層から、どのようにしてエンゲージメントを向上できるかを見つけることができます。

3 ブランドに適したSNSを選択する

オーディエンスがどこに住んでいるか知っていますか? どのSNSを好んで使用しているのでしょうか? UGCのクリエイターがどこで最も影響されているのかを理解していますか?

Social media channels for collecting UGC

オーディエンスがどこに住んでいるのか知っていますか?

SNSプラットフォームからUGCを収集し、それらが、ビジネス・オーディエンス、キャンペーン上で役立つ場所でシェアしていきましょう。

シンプルな質問をしていきますね。

例えば、あなたがB2C向けのファッションを展開しているブランドだとしましょう。 Instagramなどの画像ベースのチャンネルでUGCを見つけたとします。それでは、 この魅力的なフォトジェニックなUGCをLinkedInで共有するのは理にかなっていますか? それともツイッター?

ポイントは分かりましたでしょうか?

ポジティブなフィードバックをSNS全体に分散させても意味がありません。 さらに言えば、その行動は、とにかく必死に拡散しているようにも見え、ネガティブなものに捉えられてしまうかもしれません。

UGCをシェアするのに最適なSNSとは

ますますSNSチャネルが増えていく中、どこにUGCを投稿するのが一番効果的なのかを見つけるためのヒントをこちらで説明します!

Twitter

Twitterは280文字に制限されています。 だからこそ、画像で主張していく必要があります。 Twitterのフィードでは、よほど変わっているコンテンツでない限り、テキストのみだと読み飛ばされてします。UGCの画像をつけることで、ブランドとしての拡散を増やすことができます。

Twitter

Instagram

まさにUGCの宝庫です。 動画や写真など、Instagramユーザーは実際に製品をデモンストレーションするのが大好きです。購入した商品をここで披露するユーザーも、多いです。 画像分析機能がUGCの検出に必要となります。

Instagram logo

Facebook

ストーリーや動画は、特に(良い意味での)炎上する可能性もあり、Facebookでは上手く機能します。 また、より多くのエンゲージメントをもたらしてくれます。 オーガニックのリーチを獲得するのは難しくなってきていますが、広告にUGCを含めることでより効率よく回すことができます。

Facebook logo

LinkedIn

日本ではあまり人気のチャネルとは言えませんが、海外では広く活用されています。主にビジネス向けのチャネルになります。

LinkedIn logo

4 ユーザーに必要なコンテンツを伝える

思ってもみなかったUGCを見つけるのは素晴らしいことです。 もちろん、積極的に探していれば、これらは見つけることができます。 画像と動画認識を活用していきましょう。 Talkwalkerでは無料のアラートも作成できます。 これらのツールを使用しない限り、永遠にUGCを手動で探し続けないといけないことになります。

アイスクリームブランドで有名なBen&Jerry'sは、画像認識機能なしでこのUGCを見つられたでしょうか?


Talkwalker's video recognition finding Ben & Jerry's logo

Talkwalkerの動画認識機能では、ブランドのロゴマークをキャッチできます。テキスト上にブランド名がなくてもキャッチすることができるのは、Talkwalkerだけ!

すべてのUGCがあなたのブランドを称賛するわけではありません。 ネガティブなコメントを特定して、それに対して対策することも大切です。

McDonald's negative user-generated content

動画認識で、ブランド風評被害を防ぐことができます

伝えたいメッセージを明確に、そして具体的にしていきましょう。その際、ハッシュタグ、ガイドライン、キーワードも一緒に提供できれば、より良くなるでしょう。

5 UGCコンテンツの分析と効果測定

UGCキャンペーンを含む、すべてのマーケティング活動を分析および効果を測定していきましょう。

TalkwalkerのAnalytics機能を活用することで、すべてのSNSチャネルをモニタリングし、エンゲージメントを追跡することができます。 キャンペーン用に作成したハッシュタグはどれくらいシェアされたのか? ボリュームは? UGCキャンペーンによって生み出された消費者からのコメントはポジティブ?それともネガティブ?

UGCの取り扱い方

これまで消費者からのコメントやUGCを、無料でマーケティングのキャンペーンに活用することを説明してきました。

ここでは、UGCの取り扱い方を説明します。

ユーザーの許可なしに、無断で使用しないこと

まずは、ユーザーから使用の許可を求めましょう。 そのままシェアしてしまうのは、簡単ですが、ユーザーにコンテンツをシェアしてもよいかをあらかじめ尋ねることをお勧めします。

無断で使用した場合、ユーザーにあまりいい印象を与えないリスクがあり、ポジティブからネガティブに変わる可能性があります。 あらかじめ聞くことで、彼らが積極的にあなたのコンテンツをシェアしてくれることでしょう。

クレジットを与える

あなたのコンテンツにも彼らをタグ付けし、彼らの名前やブログ名などを明記していきましょう。

それは、「正しいことをする」という意味だけではありません。 コンテンツ上でユーザーを特定すると、オーディエンスはソースにアクセスして、それが本物のUGCであることを確認できます。

UGCのツール

理想を言えば、ユーザーはあなたのブランドをタグ付けし、ブランドに関してコメントし、ブランドのハッシュタグを使用してくれる・・これはあくまでも理想の話ですが。

現実では、オンライン上でUGCを探す場合、画像認識機能がマストになります。通常のツールではブランド名が言及されていなければ、見つけることができません。

Video recognition - Coke bottle gif - find 100% user-generated content

Talkwalkerでは、テキスト・画像・動画すべてのチャネルからUGCを見つけることができます。

ポジティブ・ネガティブ、どちらのUGCも価値がある

では、ネガティブなUGCはどのようにすればよいのでしょうか?

ネガティブな内容だけに囚われないで下さい。逆の意味でとらえれば、彼らの声は本物のインサイトとも言えるのです:

  • 製品に関するフィードバックは、製品を改善できるチャンスです

  • 正規の方法以外で製品を使用している消費者達は、新しいコンテンツを作成できます

  • 他のブランドと組み合わせて使用する製品であれば、コラボ商品が考えられます

  • ユーザーが使用しているハッシュタグを追跡することで、新しいキーワード、新しいコミュニティを見つけることができます

  • 彼らのUGCを作成する際に使用しているコンテンツの言語や口調に合わせていきましょう

優れたUGCキャンペーンの紹介

UGCの価値を把握しているブランドは、キャンペーンをそれに向けて設計しています。彼らは、 UGCを押し出すために特別に設計されたキャンペーンを回すのが得意です。 ここでは、UGCキャンペーンを揺るがした2つのブランドを紹介していきます。

スターバックス| #WhiteCupContest

紙ナプキン、メニューの裏、紙コップ・・これらに落書きしたことがありますか?

2014年、スターバックスはこの習慣に飛びつき、人々に、スターバックスが提供している紙カップに落書きするように呼びかけました。

『スタバの紙カップをカスタマイズしてみませんか?是非写真に撮ってSNSで共有してください。#WhiteCupContenstをつけるのも忘れずに!』

受賞されたデザインは、期間限定の再利用可能な紙カップに印刷されました。 このキャンペーンは3週間にわたって継続され、約4000人がエントリを提出しました。 すごい数ですね!

#WhiteCupContestの優勝者

このコンテストで、スターバックスのポジティブなUGCが山積みになりました。 また、ブランドが顧客からのフィードバックをどれほど重要視しているかを示したため、ブランドに対する信頼も高まりました。

Starbucks White Cup Contest UGC campaign

Talkwalkerのクイック検索で、このキャンペーンを検索したところ、5年たった今でもまだ好評なのが分かります。

このキャンペーンは大成功を収め、スターバックスは毎年恒例のカップカスタマイズコンテストを開催することにしました。

コカコーラ| #ShareACoke

コカ・コーラは、ボトルのロゴを10代の若者やミレニアル世代の間で最も人気のある250の名前に置き換えて、製品のパーソナライゼーションを実施し、更に新しいレベルに引き上げました。 #ShareACokeキャンペーンは、2011年にオーストラリアで開始され、結果として消費量が7%増加しました。 同時に、このキャンペーンは、2014年に米国、英国、および世界中の他の地域に広がりました。

このキャンペーンでは、ハッシュタグ#ShareACokeを使用して、SNS上で自分の個人用ボトルの写真をシェアするという内容でした。

米国では、10年以上売上が上がっていなかったのを逆転させ、同時に、2500万人のFacebookフォロワーを獲得し、#ShareACokeを含む50万枚以上の写真を獲得しました。

このような大成功を収めたUGCキャンペーンは、1回だけではとどまりません。 同社は、現在、取り外し可能な付箋ラベル付きのボトルを生産しています。

大成功したコカ・コーラのキャンペーン例

クイック検索でこのキャンペーンの結果を見てみましょう。

Quick Search pulls analytics for #ShareACoke campaign

結果はすべて良し!

このキャンペーンのセンチメント分析では、見ての通り、全てポジティブ!

なんと12万4千件以上のメンションと650万のエンゲージメント率。 キャンペーンをリードしている国は米国とインドです。 それゆえ、英語とヒンディー語が主要な言語となっています。

トップユーザーの職業はSNS関係であることも示されています。 対象オーディエンスともマッチしています。そして 年齢の内訳を見ても、すべてにおいて目標を達成しているキャンペーンといえるでしょう。

まとめ

UGCの魅力は伝わりましたでしょうか?マーケティングキャンペーンで是非積極的に活用していきたいコンテンツですよね。さて下記はまとめになります:

下記は画像認識機能に特化している点です:

さて、もうUGCを使わない理由はないですね?今日からでも魅力的なUGCを見つけて、あなたのキャンペーンに活用していきましょう!

その前に、自分がターゲットするペルソナを把握することを忘れないでくださいね。無料のペルソナテンプレートを是非、活用してみて下さい。

Buyer persona CTA