Blog
ユニクロ社のマーケティング戦略を分析!彼らが成功し続けている秘訣とは?

ユニクロ社のマーケティング戦略を分析!彼らが成功し続けている秘訣とは?

ユニクロは、日本国内だけでなく、アジアで最も急成長している衣料品ブランドの1つです。 世界中のほぼすべての主要都市に拠点を置いている同社は、日常の快適さをモットーに、高品質の服を作ることで知られています。今回のブログでは、ユニクロ社が実施しているマーケティング戦略と、同社が長年にわたって成功を収めてきた方法を解説しています!

あなたのブランドを今すぐSNS分析してみましょう!

ユニクロ社のマーケティング戦略とは

ファストファッションの世界は常に進化し続けています。新しいトレンドが次々と登場し、消費者の関心を引き寄せようとしているファッションブランドは数百から数千に上ります。そのような競争率が高い中で、ユニクロ社が成功している理由はどこにあるのでしょうか?

「我々は、トレンドを追いかけません。 ユニクロはファストファッションブランドと誤解されされがちですが、そうではありません。 我々は、すべての人を対象にした衣服のブランドです。」ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正氏 | 参照元: Business Insider

他のブランドは最新のファッショントレンドを追いかけている中、ユニクロの戦略は、たとえ長期的な投資回収のサイクルだったとしても、高い技術と高品質な素材を活用して製品開発に投資する点にあります。

彼らはブランドとしてのメッセージをすべての人に当てはまるように発信しており、誰もが購入できる新しく画期的な服を作ること明確な目的としています。

Uniqlo brand mentions_Talkwalker Quick Search

過去6か月間のユニクロに関する投稿及びエンゲージメント数

それでは、ここからユニクロ社が実施しているマーケティング戦略を紹介していきます!

1. 自社製品・機能をマーケティングおよびブランド認知度に向けて活用

2003年、ユニクロ社は、冬には必需品になりつつあるヒートテックとして現在知られている薄いのに暖かい高機能な防寒インナーを発表しました。 この「ヒートテクノロジー」は、体から蒸発する水分を利用して発熱し、繊維間の空気の層に熱をためて保温性を高める仕組みです。

ヒートテックは、東レ社とのコラボレーションにより、ユニクロ社が最初に発売した製品です。ヒートテクノロジーの効果を得るために10,000以上のプロトタイプが作られました。

そして長年にわたり、主力のヒートテック製品を維持しながらも、さらに暖かいバージョンである「極暖」「超極暖」をリリースしたことで、これまで寒い厚手の服を着なくてはいけなかった冬を、暖かく軽い服をきて過ごすことのできる季節に変えることができました。

HEATTECH by UNIQLO

参照元: Talkwalker Quick Search


2. 顧客体験型のキャンペーンと店員のトレーニングに投資をすることで優れたカスタマーエクスペリエンス(CX)を提供

彼らは、製品開発のためのテクノロジーだけでなく、デジタルマーケティングキャンペーンにも投資しています。数年前、ユニクロはヒートテック製品の認知度をさらに高めるために、デジタルサイネージを活用したキャンペーンを展開しました。

このキャンペーンはオーストラリアの中でも人通りの多い場所およびオンラインで実施されました。ショッピングモール等に設置されたデジタルサイネージ上では、人間の目では追うことのできない羅列した数字が自動的に表示されていました。この数字を読み取ることができる唯一の方法は、写真を撮ることでした。消費者たちは通りがかった際に、このデジタルサイネージに注目し、自らの携帯で写真を撮り、読み込まれた数字をコードとして入力すると、特設サイトにジャンプする仕組みになっています。そして、その特設サイト上では、ヒートテックの特徴や利点などを紹介する動画を流し、最終的には割引クーポンを取得することができます。

このキャンペーンでは、SNSチャネルも絡ませていました。参加者はSNS上でこの経験を家族や友人とシェアし、彼らにもコードを入力させ、割引クーポンを獲得するようにおススメさせるという導線を作ることに成功しました。結果として、400万人を超える参加者と35,000人を超える新規顧客を獲得し、ソーシャルメディアにおける小売およびeコマースの最優秀賞を受賞しました。


こちらのキャンペーンを解説した動画はこちらから見れます※言語は英語となります/i>


ユニクロ社は顧客体験を重視しています。この姿勢は日本国内だけではありません。店内で良く聞く「ユニクロへようこそ!」という挨拶は、海外支店でも徹底しています。

全世界に展開している同社は、接客に対しては細かく設計されたプロセスを起用しています。 すべての店舗で、同じ顧客対応・接客を経験してもらうために、従業員は消費者とのやり取りをする際に、アイコンタクトを撮り、代金を返金する際は両手を沿えて渡すといった一貫したトレーニングを全世界の店舗で取り入れています。



「ユニクロでは、会社としての最大の資産は人であると信じています。そのため、我々は常にお客様にたいして「ようこそ、ユニクロへ!」という挨拶をし、いつでも最高のショッピング体験を提供するために日々努力を続けています。それも、働きたい会社1位を獲得した会社だからこそできることです」

※@straits_timesと市場調査会社Statista社で、シンガポール国内でのBest Employers 2020にランキングされています。この写真は、2019年8月7日に撮影されました。

3. 持続可能な社会の実現への取り組みに向けて新しいファッションコンセプトを立ち上げ

ユニクロ社は、リーズナブルな価格で長期的使用できるようにデザインされたLifeWearのコンセプトを導入しました。同社はこの理念のもと、原材料や製造工程のプロセスに意識のある消費者たちを魅了しました。

このLifeWearのコンセプトは、「持続可能な社会の実現」への取り組みを象徴しています。このコンセプトを推奨することで、環境問題に関心を持つ顧客とより繋がっていくことができます。もちろん、対象となる顧客は日本国内だけではありません。

タイでは、プラスチック廃棄物を作らないライフスタイルを通じて世界の持続可能性をさらに促進するために、ECO Bagsを立ち上げました。

4. オンラインストアは、実店舗での販売を促進するためのマーケティングチャネルとして捉える

一部のブランドは、オンラインストアと実店舗を競争させている背景もある中で、ユニクロでは、顧客のタッチポイントがこれまで以上に複雑化しているのを認識し、異なる視点で捉えています。

「オンラインサービスが拡大するほど、顧客が実店舗から商品を購入する傾向が高まることに気づきました」とCEOである柳井氏は述べています。 「たとえば、中国の顧客は店舗に行って検索するのではなく、オンラインで見つけた情報に基づいて、最も魅力的だと思う製品を選ぶ傾向があります。ユニクロの新商品が発売されると、お客様はソーシャルメディアで商品に関する情報を積極的に共有し、オンラインと店舗の両方で売り上げを伸ばしています。」

消費者の行動は常に進化しています。彼らは、欲しいものを欲しい時に買うことができることをこれまで以上に期待しています。そして、オンラインサービスは間違いなく、それらの需要を答えてくれるプラットフォームです。その中でもユニクロでは、実店舗とオンラインを相乗的に運営するという点に焦点を当てています。

5. トップインフルエンサーとのコラボレーションにより、ユニクロブランドを次のレベルに引き上げる

柳井氏の積極的なマーケティング戦略は業界内では有名です。 彼の究極のビジョンは、世界でトップになることです。 そして、同社が長年にわたって成長してきた理由の1つは、数え切れないほどのコラボレーションによるものです。

まず、彼らはテニスの世界チャンピオンであるロジャーフェデラーや世界クラスのプロゴルファーであるアダムスコットと組み、コラボレーション企画を実施しています。

Roger Federer x UniqloAdam Scott x Uniqlo

Source: Uniqlo ambassadors page

そして、同時に彼らは、世界中のトップブランドやデザイナーとのコラボレーションを開拓し、多種多様な顧客層にアプローチしています。

UNIQLO x KAWS x Sesame Street

With British fashion label JW Anderson

With American artist Keith Haring

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ユニクロは、自社製品がブランドにとって最も効果的なマーケティングツールであることを認識しています。同社は、優れた顧客体験を提供し、顧客が問題視している話題についてコミュニケーションすることで、より深いつながりを構築しています。また、オンラインストアを通して認知度向上及び購入の促進をさせるのと同時に、世界中で活躍しているスポーツ選手やデザイナーとのコラボレーションを実施することで、より多くの人々にリーチしています。

自社のマーケティング戦略を策定する前に、自社ブランドについて消費者たちがどのような会話をしているのか、ポジティブな感情が多いのか、ネガティブなコメントが多いのかといった消費者インサイトをSNS分析を通して見に行くことができます。Talkwalkerでは、無料で使えるフリーサーチを提供しております。この機会に、まずは自社ブランドのモニタリングから始めてみて下さい!

Marketing plan bundle