• /
  • /
  • 消費者インテリジェンスガイド&ツール

消費者インテリジェンスガイド&ツール

消費者インテリジェンスを発見したら、結果を分析する必要があります。The Forrester Reportをチェック

フォレスター・リサーチ社が発表した「The Forrester New Wave™:AI-Enabled Consumer Intelligence Report」では、9つの消費者インテリジェンスプラットフォームが評価されました。10項目の評価基準のうち、Talkwalkerは5つの項目で卓越していると認定され、「改善の必要性」と評価された項目が1つもない唯一のプラットフォームです。消費者インテリジェンスのリーダー企業として認定され、データのオンボーディング、検索とインサイト、分析とレポート、データ規制、および製品のビジョンで最高得点を獲得しました。

 

 

消費者インテリジェンスツールには右をクリックすると記事までジャンプします。消費者インテリジェンスツール
 

消費者の声に耳を傾けていますか?

消費者が競合他社に目を向けることなく貴社を選ぶようにするには、どうすればいいでしょうか?

消費者は多くの情報を得ています。レビューサイトをチェックし、製品の真の価値を調べ、ブランドの宣伝文句や売り込みテクニックには目もくれません。

消費者はブランドに不満を持つと、声に出して言います。たいていの場合、発言する場はSNSです。世界に向けてブランドへの不満を発信するのです。ブランドは迅速に対応しなければなりません。消費者は待っています。

顧客の声を無視すると、大変な危機につながりかねません。

データドリブンなマーケティング

消費者インテリジェンス(CI)とは、一言で言えば消費者の頭の中に入り込むためのデータ分析で、消費者を理解するのが目的です。CIがあれば、いつ、どこで、何をどのように売るのかという経営判断を的確に下すことができます。

消費者に合わせてマーケティングキャンペーンを組み立てて、収益を上げましょう。

消費者は、もはや純粋に価格だけでブランドを判断しません。今は顧客体験が圧倒的な決め手になっています。

顧客の期待に応えるだけでなく、それを越えたものを提供する必要があるのです。

消費者はネット上に多くのデータを残してくれるため、これを収集して分析することができます。このデータがあれば、消費者の行動や好み、願望や選択をより深く理解できます。消費者分析を理解しているブランドは、顧客から継続的に支持され、市場での競争において優位になります。

AIを活用した消費者インテリジェンスツールは、消費者データを分析してパターンやトレンドを特定するため、その情報を利用して、消費者が求めるもの、消費者が必要としているものなどに関して消費者の動向を予測できます。

ブランドは従来の市場調査手法の先に進むべき時代となりました。

Consumer intelligence tools and guide - customer behavior - Talkwalker Analytics 

Talkwalkerのソーシャルインテリジェンス - オーディエンスに関する高度なインサイトで消費者行動を追跡します。

目次

消費者インテリジェンスの定義

消費者インテリジェンスとは?

消費者インテリジェンスとは、確実に的確なマーケティング戦略を策定できるようにする消費者インサイトを見つけるために、現在の顧客や潜在顧客についてのデータを収集および分析することです。

定量的調査と定性的調査、およびデータ分析をすべて行います。収集した消費者データは、ブランドが消費者の行動とその理由を理解するのに役立ちます。

  • 定量的: データ、統計、および分析

  • 定性的消費者アンケートおよびフォーカスグループ

消費者インテリジェンスには、革新的な技術が必要ですし、聞き込み調査などが必要になることもあります。ソーシャルリスニングツールを使用すると、リアルタイムで消費者行動をモニタリングして分析し、消費者インサイトを引き出せます。一方、アンケートや世論調査などの市場調査はデジタルフットプリントを残さずに消費者をモニタリングする際に有効です。

では、なぜ消費者インテリジェンスはマーケティングに欠かせないのでしょうか?

  • 消費者インテリジェンスは、消費者について持っている先入観を肯定したり否定したりします。消費者のことを理解しているのでしょうか、それとも想像しているにすぎないのでしょうか?

  • 属性データ、ユーザーの態度、および願望などの情報を利用して、自社の顧客ベースのセグメントを理解します。ターゲットにしている相手が誰なのかを理解していますか?彼らが求めているものを提供していますか?

消費者インテリジェンスマーケティングの例

ここでご紹介するのは、Nikeが消費者インテリジェンスのインサイトを活用して、顧客との関係を改善した例です。

2012年、Nikeはロンドンオリンピックの公式スポーツウェアのスポンサーになるための入札に敗れました。同時期に、消費者分析を行うと、自分の限界を乗り越えようとしているのはプロのスポーツ選手だけではないことに気づきました。そこで、消費者にスポットライトを当てることにしたのです。

そして、Nikeの「Find Your Greatness」キャンペーンが生まれました。

「私たちはどういうわけか、偉大さは天賦の才であり、天才やスーパースターのような選ばれた一握りの人が持っているもので、残りの人たちはそばで見ていることしかできないと信じています。しかし、そんなことはもう忘れましょう」

 

 

 

Nike - Find Your Greatness

「Find Your Greatness」の広告では、12歳の肥満児ネイサン・ソレル君(Nathan Sorrell)が道路をジョギングしています。

息が上がりながらも、彼は走り続けます。この広告は消費者の共感を得ました。一流のアスリートからの共感ではありません。普通の人たちからの共感です。

このキャンペーンによって、以下の結果が出ました。

  • Nikeにかかったコストは、オリンピックの公式スポンサーよりもずっと少ない金額でした。
  • Facebookのフォロワーは6%増加し、エンゲージメントは77%急増しました。これに対して主要な公式スポンサーの結果はそれぞれ2%、59%の増加でした。
  • Twitterでのメンションは43万件、YouTubeの視聴回数は1,000万回以上に達しました。
  • オリンピック終了後、質問に回答した人の63%はNikeがオリンピックの公式スポンサーだと思っていました
  • キャンペーンから8ヶ月後、ネイサン君は約14.5kgの減量に成功し、運動を続けていました。

消費者インテリジェンスの有効性

消費者は、ネット上での習慣や購買行動、支出の好み、お気に入りのEコマースサイトなどのデータをネット上に残します。あらゆる業界で活用されている消費者分析は、ターゲットオーディエンスにリーチするための、より良いマーケティング戦略を策定するのに役立ちます。

消費者インテリジェンスから、製品開発の推進、購買体験の改善、コンテンツの最適化につながる情報を得られます。消費者の生活を改善できるため、良い反響を得られること間違いありません。

複数のソースから消費者インテリジェンスをリアルタイムで収集することで、顧客の特定の行動に関する背景がわかります。オーディエンスの属性データ、家族構成、関心事項、願望、世代の特性、年齢を戦略的なデータ意思決定のために利用します。

また、消費者行動のトレンドと変化を特定します。デジタルチャネルから収集したデータをモニタリングして分析し、マーケティングキャンペーンの成功を追跡します。

市場調査と消費者インテリジェンスの違い

消費者インテリジェンスも市場調査もデータを使いますが、消費者インテリジェンスの方がより実用的なインサイトを得ることができます。消費者インテリジェンスは、データの背後にある「理由」を詳細に理解するのに役立ちます。

  • 市場調査 - 今起こっていること
    消費者、市場、業界についての統計データや情報を収集することです。市場のニーズ、規模、競合他社、消費者の情報を含みます。
  • 消費者インテリジェンス - それが起こっている理由
    市場調査と同じ情報を収集しますが、顧客の維持、満足度の向上、収益の増大というビジネス改善のために推奨されるアクションを含みます。

消費者インテリジェンスがビジネスの成長に不可欠な理由

既存の顧客そして未来の顧客は、貴社にとって最も価値ある資産です。彼らの声に耳を傾けてください。

こういった新製品を欲しがっているのだろう、と当てずっぽうに決めつけてはいけません。また、不適切な機能のことで文句を言われても無視しないでください。消費者が求めているものを提供しましょう。

消費者インテリジェンスは、ターゲット市場を特定してセグメント化し、理解するために欠かせません。そして、最も効果的なマーケティングチャネルと顧客中心の戦略を見つけ出し、ビジネスが常にうまくいくようにするためにも不可欠です。

消費者インテリジェンスを取り入れることで、顧客は意見を聞いてもらって大切にされていると感じるでしょう。そして、継続的に貴社の商品を利用したり、宣伝したりしてくれます。

ブランドにとって消費者インテリジェンスが非常に重要な理由を具体的に見ていきましょう。

カスタマージャーニーを改善

消費者は待ってくれません。

市場は常に変化しています。消費者が欲しがっているものを判断するために市場調査を利用すると、かなりの時間がかかってしまいます。

その間にも消費者は変化します。

顧客ロイヤリティ、顧客からの信頼、そして利益を高めたいのなら、顧客が欲しがっているものを把握する必要があります。

消費者が貴社のブランドやWebサイトをどのように利用しているのかをモニタリングし、分析しましょう。消費者のカスタマージャーニーをマップ化し、ギャップを特定します。また、購買履歴を追跡します。

顧客満足度はどれくらいですか?障害や問題は何でしょうか?顧客体験を改善できますか?自社の製品ページでの滞在時間はどれくらいでしたか?ひと月のアクセス数はどのくらいですか?

適切なデータ分析ができるダッシュボードを導入して、対象の消費者に合わせたプロモーションと広告を打ちましょう。

競合他社も同じことをしているはずです。

リアルタイムで市場の変化を可視化

業界の動向との間にずれが生じたら、それが勝敗の分け目かもしれません。顧客分析をすると、常に最新のデータを確認して実用的なインサイトに落とし込めるようになります。

顧客基盤は小さくても、予測分析を使用することで市場を幅広く理解し、トレンドを予測できるようになります。

Consumer intelligence tools and guide - trend analysis with Talkwalker Analytics 

TTalkwalkerの消費者トレンド分析 - トレンドを発見し、予測します。

売上を増加

売上を伸ばすことが目標ではありますが、リピート客がいることでブランドは長期的に市場を牽引する立場になれます。販売プロセスを簡素化し、製品を購入しやすくできないかを検討しましょう。

消費者インテリジェンスを使用して、販売戦術の弱点を特定します。つまり、顧客を遠ざけている障害です。うまくいっているものと、そうでないものを知ることで、販売プロセスに磨きをかけ、ROIを向上させます。

オーディエンスセグメントを理解

I共感されるコンテンツを作るには、消費者の声を聞き、動向を理解する必要があります。データを利用して消費者の好みを理解しましょう。消費者の特徴を把握することで、各顧客タイプを反映したペルソナを構築できます。

顧客の好みがわかったところで、オーディエンスをセグメント化し、各ターゲットに合わせたコンテンツや広告、キャンペーン、プロモーションなどを打ち、より効果的に心をつかめるようにします。

競合他社を分析

消費者は、業界の競合他社や他の製品、サービスについてどのように話していますか?彼らの話を聞くことで、ニーズがわかります。顧客のフィードバックは必ずしも自社ブランドに関するものとは限りませんが、競合分析から得たデータがあれば、自社製品やサービスを改善する方法が見えてきます。これまで考えてもいなかった新製品を発売することにつながるかもしれません。 

マーケティングキャンペーンをパーソナライズ

一部の製品については、マスマーケティング以外の方法は考えられません。掃除用品などがそうです。誰もが必要なものですし、正直なところ、例えばただのトイレットペーパーでパーソナライズされたメッセージを求めている人は少ないでしょう。

それでも、パーソナライズされたマーケティングキャンペーンは大きな成功を収めていることが証明されています。消費者は自分に合ったメッセージを期待していて、それを提供するブランドに注目します。

ターゲットが絞られ、パーソナライズされたメッセージは対象の心をつかみます。顧客を引きつけて放しません。消費者インサイトは、消費者が他ではなく特定の製品を選んで購入するのはなぜなのかという、消費者行動を理解するのに役立ちます。

パーソナライズされたメッセージで成功しているブランドの例として、Netflixが挙げられます。同社はユーザーの視聴行動に基づいたアルゴリズムを使用して、好みに合うコンテンツを視聴者に勧めています。

顧客インサイトやアルゴリズムを活用することで、消費者との効果的なコミュニケーションが可能になります。

消費者インサイトに該当するもの

消費者インテリジェンスのデータはとても有益ですが、それだけでは不十分です。インテリジェンスからインサイトを導き出す必要があります。消費者インサイトは以下の要素を備えていなければなりません。

  • 新しい:すでに認識している消費者データは除きます。
  • 関係がある:ビジネスの目標や顧客と関係がある内容です。
  • 実行可能:次に何をすべきかが明白です。
  • 予想外:偶然に見つけた、探していなかった、驚くような内容です。

さまざまなチームで利用できる消費者インテリジェンス

参照できるデータが豊富にあるため、自社のあらゆるチームがその恩恵を得られます。各チームにとって消費者インテリジェンスがどのように役立つのかを見ていきましょう。

Consumer intelligence - Talkwalker Analytics report sharing across teams

Talkwalkerの消費者インテリジェンス - 複数のチーム間でインサイトを共有できる柔軟なダッシュボード。

マーケティングチーム

マーケティングチームは、すでにソーシャルリスニングツールを使用しているかもしれません。キャンペーンをモニタリングし、SNSやオンライン上の会話に耳を傾け、ハッシュタグやトレンドを追跡しているほか、画像と動画の分析などもしているかもしれません。

マーケティングチームが消費者インサイトを活用すると、以下のことが可能になります。

ブランドの商業的価値を測定

これはブランドエクイティのことです。業界の他のブランドと比べて自社ブランドのユニークな価値として消費者が認識する付加価値です。自社のSNSとマーケティングキャンペーンは、消費者の認識にどのような影響を与えていますか?ブランドの特定の部門が他よりも成果を上げていますか?

マーケティングキャンペーンを正確に追跡

有能なマーケティングチームなら、自社のWebサイトのトラフィック量をすでに把握しているはずです。エンゲージメント、メンション、「いいね」、シェアなども追跡するでしょう。しかし、適切なオーディエンスセグメントに適切なコンテンツを提供できていると100%自信を持てますか?オーディエンスが気にしているもの(興味、願望、目的など)を特定しましょう。

危機管理とブランドの評判

これは単純です。消費者インテリジェンスを活用すると、ブランド認知度を高め評判が傷つけられる危機からブランドを守れます。

最適なインフルエンサーを発見

インフルエンサーマーケティングは大きな力を発揮します。従来のマーケティングチャネルの11倍ものROIを達成できるため、94%のマーケティング担当者が利用しています。しかし、ブランドにとって最適なインフルエンサーを見つけるのは容易ではありません。特にインフルエンサー詐欺やインフルエンサーに対する飽きは深刻な問題になっています。

消費者インテリジェンスツールを使い続けると、ブランドにとって理想的なインフルエンサーが見つかるようになります。また、どのメトリックが重要かがわかるため、投資に見合った仕事をインフルエンサーがしているかどうかをチェックできます。

Consumer intelligence - find the best influencers

Talkwalkerのソーシャルインテリジェンス - 自社ブランドに最適なインフルエンサーを見つけられます。

製品開発チーム

業界のことはすべて理解しているという思い込みは禁物です。自分が欲しいもの、または消費者が欲しがっているだろうと思うものを基にして新製品を発売するべきではありません。消費者の声を聞いて、彼らが本当に欲しているものを探し出さなければなりません。

消費者インテリジェンスを使用して、製品の発売に対するリアルタイムのフィードバックをモニタリングしましょう。業界のコミュニティの意見を聞いて、予想外の新機能のアイデアを見つけましょう。消費者が競合他社やその方向性について話していることに耳を傾けることも重要です。そうすることで、製品チームは消費者が求めているものを作り出せます。

SNSは、従来の市場調査よりもはるかに速くリアルタイムでフォーカスグループにアクセスすることを可能にします。

カスタマーサービスチーム

カスタマーサービスチームは顧客を喜ばせることが仕事です。毎日顧客と接しているため、顧客の笑顔が彼らの喜びでもあります。

このチームはすでにネットプロモータースコアを使って、製品を誰かに薦めたい気持ちが消費者にどの程度あるのかを測定しているかもしれません。顧客満足度やロイヤリティも追跡しているでしょう。消費者インテリジェンスツールを使えば、SNSを追跡し、ブランドについてのあらゆるコメントを収集できます。これは製品レビューとしてのフィードバックではなく、新しく購入したものをシェアしたいという気持ちから顧客が行う正直なフィードバックです。

 

消費者インテリジェンスに最適な情報源

消費者データは従来型またはデジタル型で収集されますが、両方を組み合わせることで、見落とす情報がなく、最もうまくいきます。

消費者データの従来型ソース

  • アンケート:オンラインや対面で消費者からのフィードバックを収集
  • フォーカスグループ:消費者グループが製品について話し合い、新製品の発売や機能の開発などについてフィードバックを提供
  • 消費者調査:事前に選ばれた調査参加者に質問や状況設定を提示し、製品やサービスに関する情報を取得

これらのソースには欠点があります。

  • 消費者に参加してもらう必要性:わざわざアンケートに答えてくれる人は今どき少ないでしょう。
  • 古い情報:過去のことを焦点にしているため、データはすぐに古い情報になります。
  • 遅くてコストがかかる:市場調査は時間がかかり、データの収集量によっては相当な費用がかかります。また、調査を多く行うと顧客をイライラさせることにもなります。
  • 人為的な「エラー」:こうだと思う結論があり、データがそれに一致しないと、ほんの少しだけ調整してつじつまを合わせてしまうこともあるかもしれません。
  • 低い柔軟性:あらかじめ決められた質問によって消費者の回答が誘導されてしまうかもしれません。

消費者データのデジタルソース

デジタルチャネルには消費者インサイトが詰まっています。良い意味で、インサイトがあふれんばかりになっています。消費者がオンラインで共有し、エンゲージしているソースには以下のようなものがあります。

  • SNSネットワーク
  • 掲示板、ブログ、レビューサイト
  • Webサイトでの行動履歴
  • 検索エンジンでの行動履歴
  • CRMとデータベース

従来型の消費者インテリジェンスの欠点はすべて、デジタルソースでは軽減できます。情報はリアルタイムで、世界規模で入手可能です。

SNSは、消費者インテリジェンスのビッグデータを収集するための最も価値あるソースの1つであることが証明されています。

消費者インテリジェンスとSNS

私たちの多くは、1つ以上のソーシャルプラットフォームを利用しています。常にSNSをチェックし、意見や文句、冗談、ミーム、画像、動画をシェアしています。SNSは以下のことに使用されています。

  • チャット:仕事で、または個人的に友人や家族、同僚とやりとりするために使用します。
  • 買い物:オンライン市場で新製品を見つけたり、レビューを読んだり、購入をしたりします。
  • 学習:ニュースを読んだり、最新ゴシップをチェックしたり、政治の話をしたりします。
  • おしゃれ:トレンドを早くつかみ、その流れに乗ります。

これだけの情報を見比べても、従来型のソースからデジタルソースに移行する気にならない方のために、ソーシャルデータの方が優れている理由を説明しましょう。

  • リアルタイムのデータ:ソーシャルリスニングツールは、ブランド、業界、競合他社に関する情報をリアルタイムでモニタリングし、分析します。ブランドや製品に関する無数の会話を分析できます。
  • 世界規模のデータ:オンライン上の膨大な量の会話を、現実の世界で起こっていることと並行してモニタリングできます。例えば有名人が自社ブランドについて言及した結果、メンション数が急上昇した、などの事象を解明できます。
  • 大量のデータ:ユーザーは絶え間なくツイートや投稿、シェア、「いいね」、コメントをしています。それがどれほどのデータ量か、想像してみてください。アクセスできる消費者インサイトの数もそれだけ多いということです。会話に参加して、疑問の答えを手に入れましょう。

SNSに耳を傾けることは、史上最大規模の消費者調査プロジェクトを実行するようなものです。しかし、本当に速くて正確です。

次は、この貴重なデータの見つけ方をご紹介します

SNS上の消費者インサイトの見つけ方

インサイトを掘り出すためのデータは山のようにあります。必要なのは、適切なツールです。

データが多すぎるため、SNSを手作業でモニタリングすることは不可能です。SNSをリスニングして分析するツールが必要です。ツールは以下のような機能があるものを選びましょう。

ソーシャルリスニング

ソーシャルデータはリアルタイムで収集しなければ意味がありません。ソーシャルリスニングツールを選ぶ際は、以下のような点を考えましょう。

  • リアルタイムでモニタリングと分析ができますか?
  • 自社ブランドが使用するすべてのSNSチャネルをカバーしていますか?
  • Can I also monitor blogs, forums, review sites, news sources?
  • ブログ、掲示板、レビューサイト、ニュースソースもモニタリングできますか?
  • ソーシャルデータの結果を調整するためにフィルターを使用できますか?
  • センチメント分析はありますか?
  • 画像や動画をモニタリングして分析できますか?
  • 複数の言語に対応していますか?

適切なソーシャルインテリジェンスツールを選ぶと、自社ブランドのすべてのメンションを見つけられ、質問に答えたり、消費者と関わったり、競合他社をモニタリングしたり、より強力な顧客関係を構築したりできます。

消費者インテリジェンスを発見したら、結果を分析する必要があります。

ソーシャル分析

優秀な消費者インテリジェンスプラットフォームはすべての作業を行ってくれるため、ハイテク技術者でなくても利用できます。

スマートなビジネス判断が行えるように、自動レポート機能を提供するツールを選びましょう。AI搭載プラットフォームのTalkwalkerなら、機械学習アルゴリズムを備えているため、大量のルールを処理して最適な結果が得られます。つまり、SNSの投稿から意味あるインサイトを引き出せるのです。具体的でセンチメントを捉えた結果を確認できます。

オーディエンスの属性データ

自分ではオーディエンスのことを理解していると思っているかもしれませんが、消費者インテリジェンスプラットフォームを活用すると、これまで気づかなかったソーシャルデータを発見するでしょう。

すべてのSNSプラットフォームでブランド名や製品名をモニタリングし、自社のことを話題にしている人々のタイプを特定します。画像および動画分析ツールを利用し、自社のロゴのメンションも忘れずにチェックしましょう。

分析ツールは年齢層、性別、言語、場所など、オーディエンスに関する詳細を明らかにしてくれます。

Audience demographic - consumer intelligence

Talkwalker Analytics ‐ オーディエンスの属性を知ることは、ターゲットを絞ったコンテンツの作成に役立ちます。

次は、もっと掘り下げていきましょう。

優秀なSNS分析ツールの大半は、センチメント分析を提供しています。そのため、自社を絶賛する消費者だけでなく、嫌悪する消費者にも出くわすでしょう。

 

結果をフィルタリングして、自社ブランドについてネガティブに話している投稿を抽出します。何か共通点はありますか?このような人たちを見つけることで、彼らの意見を変えるにはどうすればいいかを考えましょう。

自社ブランドの不満を言う人ばかりを分析せず、他のセグメントも見てみます。

  • 性別の内訳
  • 年齢層
  • 興味、仕事の肩書
  • 言語
  • SNSプラットフォーム
  • デバイス

トレンドのトピック

これで、自社ブランドが好きな人と嫌いな人を見つけました。今度は、ブランドをメンションする会話の文脈を理解する必要があります。

例えば、McDonald’sは食べ物、ハンバーガー、ファストフード、テイクアウトなどの会話に登場することが想定されます。しかし、意外にもダイエットに最適な食べ物についての会話で消費者がMcDonald’sのハンバーガーについて話していることが見つかるかもしれません。

そんなこともあるのです。

このようなインサイトは、マーケティングキャンペーンをまったく新しい方向へ向かわせるかもしれません。

SNSプラットフォーム

これで、ターゲットの年齢、興味、言語、地域はわかりました。自社ブランドを好きなのか、嫌いなのかもわかりました。どんなことを話題にしているかも知っています。

では、どのプラットフォームを使って意見をシェアしていますか?

顧客層の多くがInstagramを使用しているのに、Twitterで宣伝しようとしてもうまくいかないでしょう。ソーシャルリスニングツールは、自社ブランドに関する会話がどこで起こっているかを教えてくれます。

Consumer intelligence - social media channels compared

Talkwalker Analytics ‐ 自社ブランドにとって最も効果的で、消費者にも人気があるのはどのSNSチャネルですか?

競合分析

自社ブランドのために行った分析はすべて、主要な競合他社のブランドについても行う必要があります。メンション、エンゲージメント、センチメントをチェックしましょう。

競合他社のマーケティングキャンペーンは自社のものより成功していますか?真似できますか?自社では力を入れていない国をターゲットにしていますか?自社でも実行できそうな新しい機能を発売しましたか?手遅れになる前に、競合分析を始めましょう!

消費者インテリジェンスの戦略

消費者インテリジェンスの戦略は、以下の手順で策定しましょう。

何を知りたいか?

どのようなデータをどのように収集するのかを明確にするため、分析を始める前にビジネスの目的を定めます。以下の期間の優先事項を決めましょう。

  • 1ヶ月
  • 半年
  • 1年

リソースを特定する

  • どのようにデータを収集しますか?
  • 誰が収集しますか?
  • 誰が分析しますか?

どのようにデータを収集するか?

ターゲットは誰ですか?特定のオーディエンスセグメントですか?見込み客ですか?既存の顧客ですか?顧客調査とソーシャルリスニングの両方を使用しますか?アンケートですか?

どのようにデータを使用するか?

これは、消費者インテリジェンス戦略を実施する前にはっきりさせておく必要があります。データは社内のどのチームに役立ちますか?プロセスを変更する必要がありますか?

おすすめの消費者インテリジェンスツール

デジタル化が進んだ現代では、収集、分析、活用できるデータが大量にあります。消費者はSNS、検索エンジン、Webサイトなどにデータの痕跡を残します。このデータを活用し、マーケティングキャンペーン、CX、顧客維持率、ブランド評価を改善でき、収益の増大につなげられます。

では、おすすめの消費者インテリジェンスツールを見てみましょう。

まず、Talkwalkerの消費者インテリジェンスプラットフォームはご存知でしょうか?よく知らない方のためにご説明しましょう。Talkwalkerは、このたび2021年第3四半期のThe Forrester New Wave™:AI-Enabled Consumer Intelligence Platformsでリーダー企業に指名されました。全9社の消費者インテリジェンスプラットフォームと10の基準で比較した結果、当社のプラットフォームは以下の5つの分野で卓越しており、市場をリードしていると認定されました。

  • データのオンボーディング
  • 検索とインサイト
  • 分析とレポート
  • データ規制
  • 製品のビジョン

そして、当社が該当しなかった分野があります。それは…

 「改善の必要性」です。Talkwalkerはすべてのカテゴリーにおいて「改善の必要性」が指摘されなかった唯一のプラットフォームなのです!

Forrester Wave - consumer intelligence - Talkwalker

「検索、インサイトの分析と発見のすべてにおいて最強のバランスを備えています」

Talkwalker Analytics|ソーシャルインテリジェンス

Talkwalkerの消費者インテリジェンスプラットフォームを活用すると、オンライン上の会話を追跡し、分析できます。自社や競合他社について消費者が話していることを確認しましょう。特定のブランド名、センチメント、オーディエンスの属性データ、トピック、トレンド、ハッシュタグ、特定のアカウント、Webサイトなどを追跡できます。

Consumer intelligence - centralized social media analytics

競合分析 ‐ すべてのSNSデータを1つのツールで一元管理できます。

SNSとオンラインは、ブランドや製品、競合他社、業界についての会話で満ちています。ポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあるでしょう。こうした会話は、モニタリングして分析する必要があります。消費者が自社の製品を非難していれば、会話に参加して問題に対処する必要があります。消費者が好意的なレビューを残してくれたときには、感謝を伝える必要があります。また、ユーザー生成コンテンツを収集し、活用しなければなりません。24時間365日モニタリングすることで、すべての潜在的危機が発生するリスクを防ぐことができます。それには、市場で最良のSNS分析ツールが必要です。

Talkwalkerにはブランドを保護し、認知度を高め、オンラインでの評判を守るすばらしい機能がたくさんあります。以下はその一部です。

  • センチメント分析:平均90%以上の精度で消費者のセンチメントを特定し、分析
  • クイックサーチ:何十億もの会話を分析する強力なSNS検索エンジン
  • 画像認識:30,000以上のロゴ、シーン、物体を集約した業界最大のデータベース
  • 動画分析:3倍のメンション数を抽出できるAIを活用したSMAツール

YouTubeアナリティクス|動画の成功度を追跡

 

Consumer intelligence - YouTube Analytics

YouTubeチャンネルの効果を最大化しましょう。

自社のYouTube動画を誰が見ているかわかっていますか?また、オーディエンスのことを把握していますか?

分析データを見ると、驚くかもしれません。

YouTubeアナリティクスは膨大な量の消費者インテリジェンスを提供します。属性データのタブをクリックすると、オーディエンスの場所や年齢層などがわかります。オーディエンスを理解することで、共感されてコンバージョンにつながるようなパーソナライズされたコンテンツを作成できるようになります。

視聴者維持率は、視聴者が動画を視聴し続けた平均時間を示します。この数字が重要な理由は、Googleがこのデータを活用して視聴者が動画に興味があるのかどうかを判断するからです。維持率が高いと、検索エンジンのランキングが高くなります。

 

Googleトレンド|トップ検索クエリの人気を分析

 

Consumer intelligence - Google Trends

Googleトレンド ‐ 消費者が話題にしているトピックを見つけられます。

消費者が何のトピックについて話しているのかを知るには、Googleトレンドが最適です。例えば…

  • ファッション小売業者は、最も話題になっているファッショントレンドや、話題にのぼらなくなっているトレンドを見出すことができます。
  • 検索単語を比較し、経年比較をします。
  • ニッチ業界で最も人気のあるトピックを見つけます。

これで消費者が何に興味を持っているかがわかったので、共感するコンテンツを作成できます。

Googleアナリティクス|Webサイトの訪問者の追跡とレポート

 

Googleアナリティクスには、Webサイトのトラフィックを分析するために必要なすべての機能があります。

  • 分析インテリジェンス:Webサイトのパフォーマンス(消費者行動、トレンド、機会など)についてのインサイト。スマートゴール、スマートリスト、セッションの品質データを活用し、コンバージョンを促しましょう。
  • レポート:消費者が自社のサイトやアプリをどのように利用しているか(インタラクション、価値、ユーザー行動)を理解できます。Google広告、ディスプレイ&ビデオ360、検索広告360からメトリックを分析します。
  • データ分析と可視化:ビルトインのレポート機能では、ビジネスのニーズに合わせてデータをカスタマイズしたり、セグメント化したりして、独自のデータを可視化できます。キャンペーンのコンバージョンへのジャーニー上にある複数のタッチポイントについてレポートできます。
  • データ収集と管理:カスタマイズした消費者データをインポートし、アナリティクスのデータと合わせてより大きな視点で見られます。
  • データアクティベーション:予測分析により、重要な消費者とその行動を特定し、広告で再エンゲージすべきユーザーを明らかにします。消費者に関する属性データ(年齢、性別、興味)もわかります。

Googleアナリティクスでは、Webサイトへの消費者のトラフィックを個々のWebページのパフォーマンスと合わせて追跡できます。

サイトの訪問者がどこから来ているのか、自社サイト上でどれくらいの時間を過ごしているのか、そして訪問者の地理的位置を確認できます。

目標ファネルでは、消費者がサイト上で購入を完了する際にクリックするURLのリストを設定できます。何人の顧客がセールスファネルを通り抜け、何人が途中でやめたのかがわかります。データに基づいてCXを調整して、購入ルートをスムーズにしましょう。

Hotjar | サイト訪問者の行動

一度使い始めたら、何時間も夢中になりそうなツールです。

Consumer intelligence - customer behavior - Hotjar

Hotjar ‐ Webサイトの訪問者の行動を追跡できます。

消費者が自社のWebサイトにたどり着いたときにどのような行動をとるかがわかります。

つまり、彼らが何を見ているか、どこをクリックしているか、スクロールはしているか、およびページの特定の場所で費やしている時間やサイト内での移動経路などがわかります。

マーケター、アナリスト、Web開発者、デジタルマーケティング担当者、UI開発者は、Hotjarを利用してサイトのコンバージョン率とユーザビリティを最適化し、UXを改善してペインポイントを取り除くといいでしょう。

ビジュアルヒートマップでは、マウスを追跡した動画まで作ってくれます。

機能には以下のものがあります。

  • 訪問者の記録:Webサイト上の消費者行動をモニタリングします。
  • ヒートマップ:消費者がスクロールして通過した、あるいはクリックした場所を追跡し、どのセクションが一番注目されているか、または最も注目されていないかを特定します。
  • コンバージョンファネル:どのページで消費者が離脱するのかを把握し、直帰率を改善できます。
  • フォーム分析:消費者がどこで放棄し、なぜフォームを完了しないのかを確認します。
  • フィードバック投票:アクセスの多いページに投票箱を追加して、すぐにフィードバックが得られるようにします。

消費者インテリジェンスの収集

Tブランドのマーケティングを成功させるには、理想的な顧客像を知る必要があります。実際のデータに基づいて、理想的な顧客像であるペルソナを構築しましょう。ペルソナはコンテンツマーケティングを成功させるために不可欠です。まず、既存の顧客インサイトを見ることから始めます。

包括的な消費者インテリジェンス戦略は、市場調査をデジタル時代に適応させたものです。Talkwalkerのような消費者インテリジェンスプラットフォームを使用して顧客についてリアルタイムで把握し、オンラインコミュニティの構築、消費者データの取得と単一の顧客データへの統合、SNS上での消費者との関係構築に役立てましょう。

TalkwalkerのConsumer Intelligence Acceleration Platformでは、消費者と顧客をあらゆる角度から把握できます。複数のソースからデータを見つけて分析し、実行可能なインサイトに整理できます。無料デモにお申込みいただき、消費者がどのように考え、何を言っているのかをぜひ発見してください。

また、The Forrester New Wave™:AI-Enabled Consumer Intelligence ReportでTalkwalkerが消費者インテリジェンスのリーダー企業に選ばれた理由も以下の記事でチェックしてみてください!

The Forrester New Wave™: AI-Enabled Consumer Intelligence Platforms, Q3 2021 - Talkwalker a Leader

Topics

Share it