Blog
2020年のデジタルマーケティングのトレンドを後押しするキャンペーンの紹介

2020年のデジタルマーケティングのトレンドを後押しするキャンペーンの紹介

2020年に向けたキャンペーンのヒントになる事例を紹介します!世界のグローバルブランドはすでに来年に向けてこれまでよりクリエイティブで、エンゲージメント率の高い企画をすでに始めています。

2020年で成功するキャンペーン事例集をチェック!

2020年のデジタルマーケティングトレンドとは?

先日発行しましたした、2020年度版ソーシャルメディア動向レポートでは、世界の第一線で活躍している50名以上のデジタルマーケターに、来年度に向けた8つの傾向を予測してもらいました。今回は、世界のトップブランドが成功したキャンペーンを事例を交えて紹介します!是非、今後のマーケティングキャンペーン立案にご活用下さい。


NFL(National Football League)はTikTokを活用!

SNSユーザーはすでに新しいプラットフォームを探し始めています。 定番のSNSチャネルであるFacebookやInstagramは、まだ利用されているものの、彼らは新しい体験やコンテンツのために次のネットワークに切り替えているのが傾向です。TikTokは、すぐに使える動画マーケティングを提供しています。 最近の傾向では、ユーザーはよりリアルなコンテンツを求めているところがあり、TikTokのコンテンツの多くは、新鮮で本物のコンテンツとして受け止められています。 また、ユーザーの3分の2が、30歳未満の若い世代の視聴者です。これらの新世代をターゲットにしていくには、TikTokというSNSチャネルは、今後のマーケティング戦略には欠かせない傾向の一つといえるでしょう。


NFLは、シンプルで楽しいコンテンツを作成し、TikTokの若い視聴者から注目を集めています


NFLは、2019年9月にTikTokとの提携を開始しました。 それ以来、彼らは54万1千人ものファンを集めました。 上記の動画では、42万1千件のエンゲージメントを獲得しました。 これを昨年の最もエンゲージメントしたツイート(190万4千件のエンゲージメント)と比較すると、TikTok上で表現できるシンプルなコンテンツが、効果的に機能し、新しいターゲットオーディエンスを構築できることがわかります。

ポルシェはデジタルデトックスプロモーションで売上に貢献

SNSとの付き合い方について、ユーザーは適度な接し方を常に探しています。 オンラインで過ごす時間だけでなく、自分の為の時間を過ごすことにシフトしてきています。彼らは、同じ考えを持つコミュニティにエンゲージメントすることを好み、議論が必要な場所を避ける傾向にあります。ブランド側としては、これの点を考慮し、#DigitalDetox(ユーザーがオンラインとオフラインのバランスを取ろうとする運動)などのソーシャルウェルネスキャンペーンの実施も検討していく必要があります。

ポルシェは#DigitalDetoxで現実の世界を強調するための動画を活用しました


ポルシェが実施したデジタルデトックスロードトリップキャンペーンでは、世界の景色を色んな角度から眺めることができる動画を介して、現実の世界を体験することの重要性を強調しました(もちろんポリシェを披露しながらです)。5万8千件のエンゲージメントと10万件近い再生回数を誇るこの動画は、心を落ち着かせてくれる効果があり、若い視聴者の心を和ませたことが結果につながりました。

Appleはデータプライバシーを強化することで、エンゲージメントを高めることに成功

データプライバシーの透明性は、次世代のマーケティングにとって大きなキーワードです。 SNSユーザーは、偽のニュースやデータプライバシーの問題に悩まされている中で、これまで以上に目が肥え、ブランド対してに不信感を抱いている傾向にあります。この点を今後のブランド戦略で考慮する必要があります。

Appleはユーザーがデータプライバシーを気にしていることを知った上で、そこを強調しています


Appleの「There’s more to iPhone」キャンペーンでは、ユーザーデータを保護していることを強調しています。 彼らがこのキャンペーン内で指摘するポイントの多くは、すでの他のブランドも実施していますが、このトピックはユーザー側が聞きたい点であることを理解した上で実施しています。このキャンペーンは、これまでに5万9千件のエンゲージメントを獲得しており、トップの広告媒体からかなりの支持を得ています。

FacebookはVR機能を活用した新サービスで次世代ユーザーにアプローチ

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)は、確実に注目すべき次世代チャネルとして成長しています。5Gは、これらの技術が実現できるための環境を提供してくれ、最新世代の携帯電話ではユーザーがこれらの機能をより簡単に利用できるように最適化されています。マーケティングでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させたり、新しいクリエイティブを活用したキャンペーンを実施することが可能となります。 ユーザーは新しいコンテンツを求めており、AR&VRはそれを実現できます。

Facebookの新機能HorizonはVRを活用したマーケティングの実施が可能となります


Facebookは来年以降、バーチャルリアリティが大きくなることを認識しており、VR機能を活用した新しい機能:Facebook Horizonを立ち上げました。 9月25日以降、ローンチように制作された動画は30万回以上視聴されています。 視聴者たちは、この新技術でどのようなコンテンツが展開されるのか、心待ちにしています。

そして、このようなプラットフォームが登場すれば、ブランド側は独自のVRまたはARプラットフォームに投資する必要がなくなります。 Facebookのような企業は、広告主がこのような新機能を活用できる機会を、最小限の費用で実施できる場を提供しています。


GoogleはAI機能を使い業界をリード

AIは、すでに数年前からマーケティングの中で活用されています。 ビッグデータをより効果的に管理したり、投稿の背後にある感情を理解することまで、AIは重要なツールになりつつあります。2020年以降の傾向になっているのは、マーケターがこの新しいテクノロジーに対する認識をどのように変えていくかという点になります。 人々は今、AIが人間の仕事を奪ってしまうという不信から遠ざかり、この新しいテクノロジーが彼らの仕事をより快適にしてくれる新機能として受け入れつつあります。 2020年では、この考えは主流になるでしょう。

Googleは、AIを活用したデータをユーザーに提供しています


キャンペーンではありませんが、Google Lensのような進歩がどのように役立つかを理解することで得られることがあります。 すでに多くの家庭で、スマートスピーカーが搭載されているため、ユーザーはテキスト検索エンジンから離れて視覚検索と音声検索に移行しつつあります。 Google Lensの実質センチメントは82.3%で、この数値は、ユーザーはAI掲載の機能を好んでいることを示しています。 この先の10年で、インパクトを与えるためには、これらの機能を最大限に活用する必要があります。


Z世代にエンゲージしているWendy'sの戦略とは

Z世代及びミレニアル世代をターゲットにしたマーケティングは、戦略の再構築が必要な時期に来ています。 これらの世代は、購買力が増加することもあり、今後10年間で非常に重要なターゲット層になります。 だからこそ、彼らの求めているものに最適化する必要があります。彼らの多くはコミュニティを重要視し、広告・宣伝されていることに対して嫌悪感を抱いています。 代わりに、彼らは会話の一部に積極的に参加したい傾向も見られています。 彼らにとって何かを意味し、関連するトピックに触れる会話を求めているのです。

Wendy'sは、Z世代を惹きつける”カジュアルな”口調で投稿


Wendy’sは、若い世代をターゲットにしています。 製品の販売に注力するのではなく、視聴者を楽しませ、引き付けることにフォーカスしています。 若い世代がTikTokやInstagramのようなプラットフォームを支持しているため、Wendy’sはまだ340万人のフォロワーを持つTwitterで重要なコミュニティを構築し、2019年には1,120万人のエンゲージメントを促進しています。

Daniel Wellingtonはナノインフルエンサーを活用

知覚的なテーマを継続することで、インフルエンサーマーケティングは常に変化しつつあるニーズにも適応しています。 2020年には、常にエンゲージの高いコンテンツを提供することで、より濃厚なコミュニティ築いているナノインフルエンサーを活用するブランドの増加が予想されます。 それはなぜでしょうか?視聴者は有名人であるインフルエンサーの情報をもはや信頼しなくなってきているのです。

Daniel Wellingtonはナノインフルエンサーを活用し、高いエンゲージメント率を獲得


時計メーカーのDaniel Wellingtonは、この業界で経験を積んでおり、有名人やナノインフルエンサーに定期的に投資しています。 しかし最近では、より多くのナノインフルエンサーをを活用しています。 ブロガーのhaley_stutzman氏(10万4千人のフォロワー)からのこの投稿は、599件のエンゲージメントをもたらしました。 数としては小さいように思えるかもしれませんが、エンゲージメント率にすると6%になります。ナノインフルエンサーマーケティングは数字ゲームです。 同じターゲットにリーチするには、戦略に多くの要素を含める必要がありますが、エンゲージメント率が高いほど効果があります。

Warby ParkerはUGCを有効活用

コンテンツマーケティングに関しては、ブログ、SNS、Webサイトなどのコンテンツを常に作成しているため、絶え間ないインスピレーションが必要です。 視聴者を巻き込む必要があるのはそのためです。UGC(ユーザー生成コンテンツ)はブランド側にとって、思いもつかなかったアイディアを得るこのとできる機会になります。 使用可能なコンテンツを常に提供しているだけでなく、UGCはエンゲージメントに最適です。 消費者の90%は、ユーザーが作成したコンテンツが購入の決定に影響を与えると述べています。


このようなかわいらしいUGCはコミュニティ内でのエンゲージメントを高めます


眼鏡メーカーのWarby Parkerは、メガネを宣伝するために、着用者の写真を定期的に掲載しています。 それは迅速であり、コミュニティの感覚を構築するのに役立ちます。 上記の投稿はInstagramのみで15万7千件のエンゲージメントを生み出しました。

2020年のデジタルマーケティングの傾向をつかむことで、一歩先を行く戦略を


今回紹介した事例は、2020年度の傾向のほんの一部になります。 2020年版ソーシャルメディアレポートでは更に詳細な分析、50名以上のマーケターからのコメントが記載されています。是非、来年度のマーケティング戦略に向けてレポートをチェックして見てください!

Digital marketing trends